子供は何歳から電車賃を払わなくちゃいけないの?

駅でよく見かけるのが、
大人と一緒に子供が改札を素通りする光景。

ここでふと疑問がわきました。

電車の子供料金は何歳から支払わなくてはいけないのか?
子供と電車に乗る機会なんてないので、
あまり気にしたこともなかったです。
 
ということで調べてみました。
 
スポンサーリンク
下部広告

JRの子供料金は何歳から?

ホームページを調べてみたところ、
以下のような記載がありました。
 
「幼児」「乳児」は無料
 
「幼児」とは1歳〜6歳未満を指す。
※ただし6歳でも小学校就学前は幼児とする
 
「乳児」とは1歳未満を指す。
 
小学生は1年生からもう電車賃を支払わなくてはいけないんですねえ。
なんとなくですが、
小学校低学年くらいまでは払わなくてもいいんじゃないかなあと思ってました。
 
実際に、小学校1、2年生なら払わない人のほうが大多数な気がしますね。
 
 

注意すべき例外

先ほど小学生未満はタダと言いましたか、
規定によると、ある条件では払わなくていけないことがわかりました。
それは以下のような時です。
 
大人1人につき3人以上の幼児・乳児がいる時
幼児が1人で乗車する時
 
なぬっ!?
3人目からは子供料金が発生するだと。
なぜだ?
タダでいいじゃんと思いますけどねえ。
 
もうひとつが、幼児が1人で電車に乗る場合。
あまり考えられませんが、小学生未満の子供が1人で電車に乗る時は電車賃が必須になります。
 
 
これも知らなかったなあ。
同伴がいるとタダで、1人だと電車賃が発生するって、なんか変な感じがするけどなあ。
 
ちなみに、京王線、小田急線、西武線についても調べてみたところ同じルールでした。
意識的に合わせてるんですかねえ。
 
 
以上、意外とみんな知らない雑学でした。
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA