ラグビーの日本代表に外国人選手が多くない?

今スポーツ界で持ちきりなのが、ラグビーワールドカップの日本代表のニュースでしょう。ワールドカップの第1戦で世界ランキング3位の南アフリカを相手に劇的な逆転勝利をおさめたのです。
 
これには国内だけに留まらず、世界中から驚きと称賛の声が上がっています。
 
ラグビーをあまり知らなかった人も、このニュースを見てラグビーワールドカップに興味を持ったという人は多いのではないでしょうか。自分もその1人でルールもまだちゃんと理解できていませんが、テレビにかじりついて応援しています。
 
しかし、テレビを見ていてひとつ疑問を感じたことがあります。
日本代表に外国人が多くないか?ということです。
 
少なくともフィールド上の日本代表選手のうち5人ぐらいは外国人風の選手がいるような気がするけどどういうルールになっているのでしょうか?気になったので調べてみました。
スポンサーリンク
下部広告

【日本代表の3分の1が外国人選手】

調べてみると日本代表選手31人のうち、外国人(外国出身の選手)は10人もいるようです。
10人のうち5人は日本に帰化しています。残りの5人は外国籍の選手です。
サッカーなどにくらべるとだいぶ多い割合ですよねえ。

【国の代表選手になれる条件】

ラグビーの国際ルールにおいて、以下の条件を満たせば国の代表選手になる権利が与えられると
 
・生まれが当該国である
・両親および祖父母のうち1人が当該国出身である
・当該国で3年以上継続して暮らしている
 
このうち「3年以上継続して暮らしていること」に該当する外国人選手が選出されるケースが多いようです。

【国の代表選手 = 国内リーグの代表】

要は国籍重視ではなく国内リーグの代表であって、日本のラグビーリーグで継続して活躍している外国人選手も同じ日本代表として戦うことができるというわけです。この考えはラグビー界ではごく普通のことのようで、他の国でも外国人選手の割合は日本と同じくらいです。
 
日本でメジャーなスポーツとしてサッカーや野球で考えると、本田や香川、イチローやマー君が日本ではなく海外の代表選手として出てくる可能性もあるってことになります。そう考えるとどうしても違和感を感じてしまうかもしれませんね。
 
ラグビーではそういうルールがあるということを今回初めて知りました。
 
外国人選手のパワーと、日本人の組織力が合わさって今回の奇跡的な勝利が生まれたんですねえ。
残りの試合も勝ってぜひ決勝トーナメント進出を決めて欲しいです。引き続き日本代表チームの活躍に期待しましょう。
 
 
【こちらの記事もおすすめ】
 
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA