大嶋健太 陸上100m、ミライモンスターで紹介。

陸上短距離で活躍している、大嶋健太さん(17)を紹介します。

スポンサーリンク
下部広告

【プロフィール】

1997年9月3日生まれ
東京都練馬区出身
小学校ではバスケ部だったが、中学で陸上を始める
東京高等学校に進学
100mが専門種目
自己ベストは10秒37
 

【実績】

中学3年生で100m 全国3位
高校2年生でインターハイと国体の2冠達成
ユース五輪 100m 銀メダル
 

【大村監督の練習法】

現在は東京高等学校の陸上部に所属。
陸上部はインターハイでも優勝の実績がある。
同高校には高校陸上の名将、大村邦英監督のもと練習に励んでいる。
 
大村監督の指導は「短時間でスリムな練習」が特徴。
同校は都会の高校のため、グラウンドが小さく100mを確保することすらできない。
そんな練習環境の中で工夫をこらし、
ミニハードルを使って回転力を早める練習や、
走る際の姿勢の矯正、基礎体力の向上など、
体幹のしっかりした身体を作るために基礎から鍛え直しているようです。
 

【東京オリンピックへの期待】

陸上短距離界で今話題の選手といえば桐生選手でしょう。
桐生選手は高校3年生の時に、日本歴代2位の10秒01という記録を出し、
一躍有名になりました。
 
大嶋さんの自己ベストは10秒37と、
こちらも夢の9秒台を狙える位置にきているのではないでしょうか。
 
東京オリンピックまであと5年あります。
この間にどれだけ記録を伸ばせるかとても楽しみですね。
大嶋さんと桐生さんが共にオリンピックで活躍することに期待しましょう。
 
 
 
 
【こちらの記事もオススメ!】
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA