まるで万華鏡!!ガラス工芸の堀口切子がすごい

メディアでもたびたび取り上げられており、
2015/5/24 テレビ番組「シューイチ」で紹介された、
『堀口切子』についてご紹介します。
スポンサーリンク
下部広告

【堀口切子とは?】

江戸切子というカットグラス工法を用いたガラス工芸の老舗である「堀口硝子」の流れを汲みつつ、
堀口徹氏が堀口硝子在籍時代に培った技術と経験から、新たな江戸切子を作り上げるべく立ち上げた会社。
 
江戸切子とは、
菊・麻の葉模様など着物などに見られる身近な和の文様を繊細に切子にしていることがあります。
また、透明な透きガラスだけでなく、色被せガラスの鮮やかな作品も特徴のひとつです。
国から伝統工芸に認定されています
 
堀口切子_1

【堀口切子の特徴】

・工芸とアートの融合

伝統的な籠目、矢来、魚子の美しい文様などの組み合わせは、
まるで万華鏡のようにきれいに輝き、独自の技術でカット、研磨された作品は見る角度によってもその輝きの方が変わり、
見るものを魅了します。
今や工芸品の枠にとどまらず、アートとしてもその価値は広がっています

・海外進出

近年では日本国内にとどまらず、海外にも出品しており、
ニューヨークやパリなどで個展が開かれるなど、精力的に活動しています。

【実績】

2009年  江戸切子新作展  最優秀賞
2010年  江戸切子新作展  最優秀賞
2011年  町田市立博物館  「江戸切子-日本のカットガラスの美と伝統」
2012年 ニューヨーク・パリ COOL JAPAN WAO 工芸ルネサンスプロジェクト 選抜出品
2012年 東京都美術館 「TOKYO CRAFTS & DESIGN」選出

【作品例】

ぐい呑、グラス、食器、小物入れ、花器、時計
などがあります。
 
堀口切子_2
 
贈り物としてもオススメです
オシャレなプレゼントとして、結婚祝い、誕生日プレゼントなどで喜ばれるでしょう。
少しお高いけども、
お酒好きな友人に「ぐい呑」などをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
 
堀口切子のホームページ
 
 
 
こちらの記事もオススメです!!
 
 
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA