結婚式の余興ダンスおすすめ!失敗しない方法とは

めでたい友人の結婚式の披露宴で、余興を頼まれた経験はありませんか?
 
断りきれずにやってやる!と引き受けたはいいが、何をしたらいいか悩んでしまいますよね。じりじりと迫ってくる本番に胃が痛くなる、なんていうこともあるでしょう。
 
そんな結婚式の余興の中で盛り上がる出し物のひとつがダンスではないでしょうか。
 
私はダンス経験があるので、余興ダンスを何回か踊らせてもらっています。その経験などもふまえて、ダンスが簡単な曲や、盛り上がる曲、定番の曲などを紹介します。
スポンサーリンク
下部広告

【結婚式の余興は盛り上がってなんぼ】

私は基本的に余興は盛り上がってなんぼだと思っており、不快でない程度にぐいぐい攻めるべきだと思ってます・笑
 
披露宴でやる時はやりすぎ要注意ですが、2次会ならば自由度が増すので工夫次第で色々なことができると思います。 

【余興ダンスで失敗しないために気をつけること】

余興ダンスは練習を含めて準備が1番大事です。しかし、いくら入念に準備したと思っていても考慮不足などで失敗することも少なくありません。
 
私の経験から成功するためのコツや、失敗しないために注意することなどをまとめたので、こちらもぜひご覧下さい。

【余興におすすめの曲紹介】

こちらではおすすめの曲についてご紹介します。以下の観点で評価していますので、参考にしてみてください。
 
難易度:MAX☆5つ
盛り上がり:MAX☆5つ
場面:披露宴 / 二次会 / どちらでも
 

PPAP / ピコ太郎

難易度:☆
盛り上がり:☆☆☆
場面:2次会
 
 
SNSなどで拡散されてあっという間に人気が広がり、2016年を代表する曲となりました。ダンスというほど踊っていないので真似するのがすごく簡単です。
 
ただし、そのままやるとはっちゃけ感がないので盛り上がりはイマイチかもしれません。とりあえず衣装はしっかり用意して盛り上げたいところです。
 

 
ちょい足しするなら、原曲だと尺も短いのでYouTubeなどにあるリミックス版も使ってオリジナルなダンスと組み合わせるのがおすすめです。変化を付けることができるので、見ている側が飽きにくくなりますよ。しゃべりが得意ならマイクパフォーマンスを入れるのもおすすめです。
 

【PERFECT HUMAN / RADIOFISH】

難易度:☆☆
盛り上がり:☆☆☆☆☆
場面:どちらでも
 
 
こちらも同じく芸人の曲です。ご存知の通りオリエンタルラジオの2人とダンサー4人によるユニットです。
 
この曲はイチオシです!
 
ショーとして構成がいいので真似するだけで盛り上がりるし、ダンスも比較的簡単なので少し頑張ればすぐに形になると思います。
 
衣装もスーツのままサングラスを掛けるだけでも十分です。こんなオリジナルサングラスなんかおもしろそうですね。
 

 
練習する際はこちらの動画が分かりやすいです。
 
 
ちょい足しするなら、歌詞をオリジナルにするとおもしろいです。ただしラップなので歌詞が聞き取りにくいため、歌詞付きの映像を一緒に流すとよいですよ。

 【女々しくて / ゴールデンボンバー】

難易度:☆☆
盛り上がり:☆☆☆☆
場面:2次会
 
 
金爆ことゴールデンボンバーの代表曲です。曲の勢いはどの曲よりもあります。ダンスも簡単なので、単純な完コピならそれほど大変ではないです。
 
しかし、この曲を選ぶなら本家を見習って派手なパフォーマンスをしたいところです。本家では間奏でかき氷の早食いをするなど、様々なパフォーマンスをしています。そこまでやればかなり盛り上がりますよ。
 
ただし、披露宴でやる場合はやりすぎに注意です。会場を汚したり傷つけたりしないように配慮しましょう。
 
ちなみに私はスイカの早食いをやりました・笑
 
衣装はカツラやお面があるとそれらしくなります。お揃いの金色のジャケットを着るのもいいかもしれませんね。
 

   

【恋するフォーチュンクッキー / AKB48】

難易度:☆☆
盛り上がり:☆
場面:披露宴
 
 
AKB48から披露宴向けの1曲です。テンポがゆっくりで振りも簡単なので覚えやすいです。
 
わーっと盛り上がる曲ではないですが、ほのぼのした雰囲気で披露宴向きと言えます。女性におすすめの曲です。
 
それっぽい衣装がたくさんあるので、みんなで揃えるとグッドです。
 

 

 

【ヘビーローテーション / AKB48】

難易度:☆☆☆
盛り上がり:☆☆☆
場面:どちらでも
 
 
AKB48からもう1曲、こちらは余興のド定番のひとつです。だいぶ前の曲ですが今だに根強く人気があります。
 
その人気の理由はやりやすさでしょう。ノリのいい曲調に、激しすぎないほどよいダンス、ハードル低めな制服コスチュームで、男性女性問わず誰がやっても無難にまとまりやすいです。
 
何をやればいいかわからないという人は、とりあえずこれをやれば無難です。
 
練習用動画はこちら
 
余裕がある場合はAKBメドレーにするとおもしろいですね。
 
衣装はこちらからどうぞ。

 

【ハッピーサマーウエディング / モーニング娘。】

難易度:☆☆
盛り上がり:☆☆
場面:披露宴
 
 
 
だいぶ古いので最近の人達はわからないかもしれませんが、「モーニング娘。」の代表曲のひとつです。
 
題名の通りウエディングがテーマの歌なので余興にはぴったりです。
 
PVと同じようにアラビア風衣装でそろえると雰囲気がでますよ。

 ちょい足しするなら、間奏部分にある長いセリフの部分を新郎新婦バージョンにするとおもしろいです。

【Rising Sun / EXILE】

難易度:☆☆☆☆☆
盛り上がり:☆☆☆
場面:2次会
 
 
 
男性に人気があるのはやはりEXILEですかねえ。
 
うまく踊れればとてもかっこいいですが、もちろん難易度は高いです。なのでダンス初心者のみでやる場合にはあまりオススメしません。
 
特にRising Sunはテンポも早いのでけっこう大変です。経験者に教えてもらいながらやるのがいいですね。
 
それとダンスに自信がない時は生ボーカルを入れたほうがよいです。ダンスだけで魅せるよりも見るポイントが増えるので、見ている側が飽きにくくなります。
 
練習用動画はこちらをどうぞ。
 
 
衣装はスーツのままでもかっこいいのでオッケーです。もしくは上下ジャージのセットアップに100均のバンダナを首や腰に身につけるだけでも衣装っぽくなるのでおすすめです。
 

 【Choo Choo TRAIN / EXILE】

難易度:☆☆☆☆
盛り上がり:☆☆☆
場面:どちらでも
 
EXILEからもう1曲、EXILEといえばこの曲ですよね。幅広い年齢層が知っているので披露宴でもおすすめです。
 
Rising Sunよりは難易度は下がるかもしれないですが、難しいことに変わりはありません。
 
練習用の参考動画はたくさんあるので困ることはないでしょう。しっかりと練習して本番に臨みましょう。
 

 【マツケンサンバ / 松平健】

難易度:☆☆☆
盛り上がり:☆☆☆
場面:披露宴
 
こちらも幅広い層にウケるであろう曲です。いろんな年代の人がいる披露宴でおすすめです。
 
あまりマツケンサンバを余興でやる人は少ないので他と被らないし、見るほうも新鮮な感じだと思います。
 
初めにダンサーが出てきて踊ったあとに、あとからマツケン役が登場する流れがおすすめです。
 
練習にはこちらのDVDがあれば完璧です。

 

 
また、この曲は衣装をしっかり揃えないともったいないです。マツケンになりきりましょう。

  

【行くぜっ!怪盗少女 / ももいろクローバーZ】

難易度:☆☆☆☆
盛り上がり:☆☆☆☆
場面:どちらでも
 
全力ダンスが売りのももクロです。テレビで見る機会は減りましたが、余興ネタとしては代表格のひとつです。
 
おすすめはテンポのよいこの曲です。
 
 
大げさなくらいにハジけた全力ダンスが成功の秘訣です。
 
ダンス内容としてはステップのひとつひとつは難しくありませんが、テンポが早く、踊りながらのフォーメーションチェンジもあり難易度は少し高めです。
 
衣装は本家と同じようにそれぞれの色の衣装を着ましょう。
 
 
ダンスが激しいので踊っていて落ちそうなものは身につけないほうがよいですよ。 

【Mr. / KARA】

難易度:☆☆
盛り上がり:☆☆☆
場面:どちらでも
 
K-POPの火付け役であるKARAの代表曲です。難易度が低いのでチャレンジしやすいと思います。
 
 
この曲は美女と野獣メンバーでやるのがおすすめです。見た目の落差で演出できます。落差があるほど盛り上がりますよ。
 
もちろん全員美女が揃えられればそれだけで成功したようなものです。腰振りダンスを頑張りましょう。
 
衣装はこちらがおすすめです。
 

 

【お嫁サンバ / 郷ひろみ】

難易度:?
盛り上がり:?
場面:どちらでも
 
おまけでこちらをご紹介します。この曲をやる人はあまり見かけないですが、こちらの動画をご覧下さい。
 
 
ソロパフォーマンスショーです・笑
これくらいのパフォーマンス力があればソロでやってもおもしろいですよね。
 
盛り上がる曲だからとかではなく、完全に本人のパフォーマンス力で成り立っていると思います。
 
これくらいできる方はどんな曲をやっても成功するでしょう。
 
つまりは、思いっきりなりきって最後までやりきるのが大事ということです。そうすればどんな曲でも大体成功します。
 
逆にどんなに盛り上がる定番曲でも、恥ずかしがってあたふたしていたら全く盛り上がらないということです。
 
参考にしていただけたら幸いです。
 
 
【こちらの記事もおすすめ】
 
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA