リアルすぎる、大井川鉄道のきかんしゃトーマス

スポンサーリンク
下部広告

【リアルきかんしゃトーマスが走る】

SLで有名な静岡県の大井川鉄道で、
2014年に運行された「きかんしゃトーマス」が今年もやってきます。
6月7日から10月12日までの限定運行で、
千頭から新金谷間を往復します。
 
特徴はなんといっても、外観がトーマスとそっくりで、
まるで本物のようにリアルすぎると話題になっています。
想像以上にトーマスです・笑
 
 
今年はトーマスだけでなく、新たな仲間として「ジェームス」が加わりました。
ジェームス車は普通客車だでなく、お座敷車両、展望車があります。
 

【大井川鉄道とは】

静岡県にある名鉄グループの中小私鉄で、2015年で創立90年を迎えます。
鉄道路線には大井川本線と、井川線があり、
日本で初めて蒸気機関車の動態保存を始めた鉄道でもあります。
動態保存とは、動作可能な状態で保存することです。
 

【予約殺到で切符は入手困難!?】

2014年のトーマス号は先着だったため、予約開始と共にウェブサイトにアクセスが集中し、
つながりにくくなる状態になるほどの、異常な人気っぷりでした。
 
今年はトーマス号だけでなく、ジェームス号が運行されることになり、
運行本数が増えましたが、それでも人気のため予約をとるのは簡単ではないでしょう。
 
また今年は予約方法が改められて、チケット予約の受付は、
乗車の約125日前に23時間だけ受け付けるという方法に変わりました。
最終日10月12日の予約は、6月10日の13時までになります。
 
もうすでに事前予約期間が終了している日については、
基本的に当日のキャンセル待ちしかありません。
 
 

【まとめ】

もうすでにほとんどの期間の予約期間は終了してしましましたが、
諦めきれない人は、
臨時の増発などがないかホームページをこまめにチェックするとよいかもしれません。
 
乗ることができなくても走っている姿をぜひ生で見てみたいですね。
子供は大興奮のこと間違いないでしょう。
 
ちなみにトーマス号とジェームス号が同日運行する日は計4日間しかありません。
7/11、7/12、8/27、8/28のみです。
この4日間は大注目です。
 
夏休みに等身大のトーマス達に会いに行ってみてはどうでしょうか。
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA