芦ヶ久保の氷柱、アクセスと期間は?3倍楽しむ方法

近年東京から日帰りで行ける行楽地として人気が出てきているのが埼玉県の秩父です。
 
自然に囲まれた秩父には、山や川などの自然を活かした遊び場などがあり、池袋から特急電車で約80分で行くことができるというのが魅力です。
 
そんな秩父の冬の観光スポットとして新しく注目されている、芦ヶ久保(あしがくぼ)の氷柱をご紹介します。
スポンサーリンク
下部広告

【芦ヶ久保の氷柱とは】

秩父郡横瀬町の山間部にあり、2014年1月から開始されました。2016年には4万3千人もの人が訪れたそうです。
 
あしがくぼ氷柱1
 
 
 
沢水を撒き、山の傾斜を利用して幅120m、高さ30mもの壮大な氷柱(つらら)ができあがります。まさに氷の世界です。
 
夜になるとライトアップされてより一層幻想的です。(金土日・祝日のみ)
 
あしがくぼの氷柱1
 
開催期間:
 
時間:
平日  9:00〜16:00
金土日祝日  9:00〜20:00
 
※ライトアップは金土日祝日の日没〜20:00まで
 
入場料:
200円(中学生以上)
 
アクセス:
西武池袋線 池袋駅 → 芦ヶ久保駅
芦ヶ久保駅から徒歩10分

【より楽しむためのお得な情報】

あしがくぼの氷柱をより楽しむ方法についてご紹介します。
 
・日没前後を楽しむ
ライトアップされた氷柱はオーロラのように輝いてとてもきれいなのはもちろんですが、日没前の氷柱の全体像もぜひ見て欲しいです。
 
あしがくぼ氷柱3
 
・甘酒を頂く
会場では甘酒または紅茶を1人1杯無料で頂くことができます。
 
地元のボランティアのみなさんが作ってくれているそうです。とても寒いので温かい飲み物はありがたいですね。
 
ただし16時までです。
 
 
・好きな形の氷柱を見つけてみる
芦ヶ久保のつららは山の斜面一帯に広がっていますが、時期などによって氷の大きさや形は様々です。雪が降るとまた違った風に見えます。
 
あしがくぼ氷柱4
 
変わった形や、日に溶けてきて光っているつららなど色んな姿をみることができますよ。
 
 
・食事、お土産は道の駅あしがくぼで
氷柱のある場所から徒歩10分ほどの場所にあります。車で来る方はこちらの駐車場が指定の無料駐車場になります。
 
農産物直売所や食堂などかあり、秩父名物の豚みそ丼やみそポテト、たらし焼きなどが食べられるのでおすすめですよ。
 
あしがくぼみそポテト
 
ただし食堂は11:00〜16:00です。夜はやってません。農産物直売所も17:30までなので夜の氷柱を見に行く前に買ったほうがよさそうです。
 
店が閉まるのが早いのがちょっと残念です。食事は西武秩父駅の最寄りで考えたほうがよいかもしれません。
 
こちらの記事の下部に西武秩父駅の近くのおいしいお店について記載してます。参考にして見てください。
 
 
 
・電車から氷柱のライトアップを見れる
ライトアップの時間帯に通る一部の電車が、あしがくぼの氷柱付近を通る際に徐行運転になります。
 
粋な計らいですねえ。電車の中から見るとまた違った景色が見れますよ。
 
あしがくぼ氷柱5
 
詳細はこちらをご覧ください。
 
 
【気をつけること】
 
・歩きやすい靴にする
芦ヶ久保駅から氷柱の場所までは徒歩で約10分程度で、道がデコボコしていたり、凍っていたり、アップダウンがあったりします。
 
雨が降ると足元がゆるくなるところもあるので靴も汚れやすいです。歩きやすい靴と服装で来たほうがよいですよ。
 
 
・とにかく寒い
氷柱ができるところですからもちろん寒いです。けっこう田舎の山の中なので都内と比べるとだいぶ寒いです。
 
特に夜になると普通に氷点下まで下がります。厚着してこないと後悔しますよ。
 
 
・天気に注意
秩父は都心よりも寒く雪が降ることもあります。雪の際は臨時閉園になることもあるので気をつけてください。
 
当日晴れていても前日に雪が降っていると臨時閉園の可能性があります。
 
 
・駐車スペースが少なめ
駐車スペースがそれほど大きくありません。平日行くならば大丈夫でしょうが、週末は駐車場が満車になる可能性もあります。
 
電車だと池袋から特急電車で約80分で到着します。全席指定席なので必ず座れて楽ちんですよ。
 
ただし、通常は芦ヶ久保駅に特急電車は止まりません。期間中の限られた特急電車のみ芦ヶ久保駅に臨時停車します。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
・電車の本数が少なめ
電車を利用する際は、時間に気をつけてください。西武秩父線は電車の本数が少なく30分に1本程度です。
 
電車を1本逃すとけっこう痛いです。電車の時間で予定を立てておいたほうがよいですよ。
 
 
・とにかく売店が何もない
芦ヶ久保駅の近くにコンビニのひとつもありません。上述の「道の駅あしがくぼ」以外は店はないので注意してください。

【その他レジャー施設など】

氷柱のある横瀬町には、近くにいちご農園や武甲温泉があります。
 
日帰り温泉も可能なので温まって帰ると気持ちいいですよ。
 
土日祝日限定ですが、芦ヶ久保の氷柱からいちご農園、武甲温泉、横瀬駅をまわる無料シャトルバスが運行しています。
 
詳細はこちらをご覧ください。
 
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA