秩父の祭りといえば、秩父夜祭!山車や花火の穴場スポット紹介

秩父の祭りといったらなんといっても秩父夜祭です。
秩父夜祭は京都の祇園祭、飛騨の高山祭りとならび日本三大曳山祭りのひとつです。毎年約18万人もの人出で賑わいます。
そんな秩父夜祭を10倍楽しむために祭りの見所や山車や花火のおすすめ観覧スポットなどをご紹介します。
スポンサーリンク
下部広告

【秩父夜祭の概要】

毎年曜日は関係なく12月2日と3日に開催されます。2日は宵宮、3日が本祭です。2日は出店はほとんどなく人もまばらです。祭りの見所は三つあります。

6台の山車

きらびやかな装飾が施された10トンから20トンにもなる6台の山車が市内を曳き回されます。
別名「動く陽明門」と言われるほど豪華絢爛で、国の重要有形文化財に指定されています。
特に夜になると提灯が取り付けられ、さらに幻想的な雰囲気となります。
3日の夜に秩父神社を集まった6台の山車は御旅所を目指して出発し、直前の急坂「団子坂」の引き上げで祭りは最高潮をむかえるのです。

花火大会

2日は単発花火のみで、3日に花火大会が実施されます。
日本芸術花火大会やスターマイン大会が準備されており約7000発の花火が打ち上がります。
日本芸術花火大会では全国から選ばれた優秀な花火職人による、普段見る普通の花火とは一味違った打ち上げ花火を見ることができます。
 
スターマイン大会では毎年5部に分かれており、それぞれ違った色をテーマとして連続花火が打ち上げられます。ひとつずつが普通の花火大会のクライマックスのような勢いで打ち上げられるのですごく見応えがあります。

おいしい出店

よくある普通の出店だけでなく、地元のB級グルメや郷土料理の出店なども秩父駅の付近によく出ています。
また、秩父駅直結のじばさんセンターには色々な地元のお土産品を買うことができます。

【山車のおすすめ観覧スポット】

当日はすごい人出になるため、山車が通る道は歩行者も通行規制が掛かります。そのためなかなか思うように移動がしづらくなります。もしかしたら満足に山車を見ることができない可能性もあります。
 
だけど安心してください。そんなことのないようにおすすめの観覧スポットを教えちゃいます。
以下をチェックしてみてください。
 
また誰もが見たいクライマックスの団子坂付近は特に危険なため、夜になると立ち入り禁止になってしまい有料席をとってないと見ることはほぼ無理です。もし団子坂の引き上げを見たい方は有料席の購入を検討しましょう。種類や値段、申し込み方法について以下にまとめました。
 
でも有料席は高すぎる!というあなたのために無料で団子坂引き上げを見る方法についてもご紹介しています。

【花火のおすすめ観覧スポット】

花火の打ち上げ場所は川や湖などの開けた場所ではなく市街地にほど近いので、意外と民家や木が邪魔で見えづらかったりします。おすすめの花火の穴場観覧スポットはこちらからチェックしてみてください。
 
 
【こちらの記事もおすすめ】
 
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA