秩父でそば打ち体験ができる場所や料金まとめ

埼玉の北西部に位置する秩父は自然で溢れており、近年都心から日帰りで行ける旅行先として人気が出てきています。
 
そんな秩父の郷土料理のひとつがそばです。秩父を訪れると、そば屋をたくさん見かけることができます。
 
もちろんおそばはおいしいのですが、せっかくの機会なので自分でそば打ちをして召し上がってみてはいかがでしょうか。
 
秩父で貴重なそば打ち体験ができる場所をまとめてみました。
スポンサーリンク
下部広告

【秩父でそば打ち体験ができる場所まとめ】

秩父ふるさと村

もう名前から分かる通り、田舎の大自然を満喫できる様々なプランを体験できちゃう施設です。
 
くるみだれそば打ち体験はメインの体験プランのひとつで通年やっています。
 
他にも魚のつかみ取り、竹細工体験、飯ごう炊飯、しいたけ狩りなど都会ではなかなか体験できないことがたくさんあります。
 
これらを全て同じ施設内で体験できるのはここ秩父ふるさと村くらいではないでしょうか。
 
都会育ちの子にとっては全てが初体験になること間違いなしで、おすすめの施設です。
 
ちなみに宿泊もできて温泉もあります。
 
くるみだれそば打ち体験
料金:
1人2300円(2名から)
 
ホームページ:

そば道場 あらかわ亭

三峯神社へと続く道の途中にあります。
 
こちらのあらかわ亭では、挽きたて・打ちたて・茹でたての「三たてそば」を頂くことができ、そばの風味を最大限に味わうことができます。
 
そば道場というだけあり、そば打ち用のスペースも広く、初心者でも親切丁寧に教えてくれます。
 
エプロンなども含め必要なものは全て用意してもらえるので気軽に参加できますよ。
 
石臼で挽いたそば粉を使用した打ち立てのそばなら、形は不恰好でも味はおいしいです。
 
そば打ち体験
料金:
4人前1セット 4800円
 
所要時間:
1時間半〜2時間
 
ホームページ:

吉田 山逢の里

龍勢まつりで有名な吉田町です。山逢の里はキャンプ場なのですが、敷地内の交流促進センターでそば打ち体験ができます。
 
がっつり川遊びができる所もあり、6月下旬から7月上旬には河原でホタルを見ることができるそうです。
 
キャンプ場の施設は充実しており、初心者にも優しいキャンプ場です。お風呂もあるし、コテージもあります。
 
そば打ち体験
料金:
4人前1セット 3240円
 
ホームページ:

東秩父村和紙の里

約1300年の伝統ある手すき和紙。作業風景の見学や紙すき体験ができます。
 
しかもこの東秩父村の手すき和紙「細川紙」の技術は国重要無形文化財に指定されているそうです。
 
そして体験工房ではうどん・そば打ちも体験することができます。こちらではエプロンは持参です。お気をつけください。
 
伝統技術に触れることができるいい機会でおもしろそうですね。
 
そば打ち体験
料金:
5人前1セット(天ぷら付き) 4500円
 
ホームページ:

両神村地域資源活用センター

両神と言えば自然に囲まれており、両神山と薬師の湯が有名です。
 
こちらのセンターは薬師の湯の隣りにあるので、ぜひ温泉にも入ってみてください。
 
そば打ち体験はそばの量を2.5人前、4人前から選べるので少人数でも行きやすいですね。しかもこちらは予約はいらないようです。
 
他にも手作りうどん、手作り豆腐、手作りこんにゃくの体験もありますよ。
 
そば打ち体験
料金:
4人前  3000円
2.5人前 1800円
 
ホームページ:
 
 
【こちらの記事もおすすめ】
 
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA