秩父の「祭の湯」の混雑っぷりがやばいけど、超絶サイコーな件

都内から電車1本で行くことができ、近年人気が出てきたのが観光地である埼玉県の秩父です。
 
パワースポットとして人気の三峯神社や、長瀞のライン下り、羊山公園の芝桜などの観光スポットに続いて、新たなレジャー施設として西武秩父駅に温泉施設ができました。
 
果たしてどんな施設なのかその詳細についてご紹介します。
スポンサーリンク
下部広告

【西武秩父駅から徒歩0分の温泉】

秩父_温泉1
 
秩父の玄関口である西武秩父駅から直結の建物にできたのが、「西武秩父駅前温泉 祭の湯」です。
 
2017年4月24日にオープンしました。
 
こちらの施設は「祭」をコンセプトにしており、建物にも提灯などが飾られ秩父夜祭りの山車をイメージさせるような外観と内装になっています。
 
館内は温泉エリア、フードコート、物販エリアの3つのエリアに分かれており、物販とフードコートは自由に出入りすることができます。

【種類豊富な風呂】

建物の2階が全て温泉エリアとなっており、男湯に5つ、女湯に6つの内湯、さらに男女それぞれに4つの露天風呂があり、存分に温泉を堪能できます。
 
高濃度人工炭酸泉、ジェットバス、シルク湯、サウナ、水風呂、塩サウナ、岩風呂、寝転び湯、花見湯、つぼ湯と盛り沢山です。
 
効能としては、冷え性、皮膚乾燥症、切り傷、末梢循環障害などに効くようです。
 
また温泉以外にも、岩盤浴、ほぐし処(整体)、くつろぎ処(無料ラウンジ)などもあり、ゆっくりと身体を休めることができちゃいます。
 
入館料:
大人(中学生以上)→980円(1080円)
子供(3歳から小学生)→600円(710円)
※()内は土日祝日の値段
 
タオルセット:
大人(中学生以上)→1200円(1300円)
子供(3歳から小学生)→820円(930円)
※()内は土日祝日の値段
※入館料+フェイスタオル、バスタオル

【宿泊利用も可】

館内には半個室のプレミアムラウンジが設けられており(漫画喫茶みたいな感じ)、2時間540円(土日祝日760円)で利用できます。
 
金・土・祝前日に限っては宿泊利用も可能です。(ただし24時〜翌6時までは清掃のため入浴できません)
 
深夜追加料金(24時以降)→2490円
プレミアムラウンジ(要予約)→3460円

【秩父名物盛り沢山のフードコート】

祭の湯1
 
1階のフードコートには秩父の名物が勢ぞろいしています。
 
わらじかつ丼・秩父そば・豚味噌丼などのしっかりとした食事から、みそポテト・たい焼き・たこ焼きなどの軽食、他にもお酒やジェラートなど、豊富なレパートリーとなっています。
 
またフードコートで焼肉もできちゃいます。
 
祭の湯2
 
祭の湯4
 
祭の湯5
 
特に「炙り豚味噌丼」がオススメで、丼からはみ出るほどの肉がジューシーでおいしいです。
 
座席数は250席もあるのでゆっくりできますよ。食事は「祭の湯」のフードコートで十分かもしれませんね。
 
テイクアウトもできるので帰りの特急電車の中で食べることもできます。
 

【種類豊富な物販エリア】

物販エリアには様々なお土産が売られています。
 
クッキーやクランチなどの定番モノもよいですが、おすすめは秩父の特産品です。
 
秩父みそ、豚みそ、秩父そば、秩父プリン、地酒、漬物など、秩父といえばこれという特産品が揃っています。
 
祭の湯6 祭の湯7
 
地域特有のお土産を買ってみてはいかがでしょうか。

【秩父へ車でのアクセス】

車だと花園ICから2時間弱で着きます。
 
GWは羊山公園の芝桜のピークと重なり大渋滞は確実です。そのため国道140号と299号はなるべく使わないほうがよいです。
 
ちなみに温泉の駐車場も39台しかないので電車の方がオススメです。

【秩父へ電車でのアクセス】

電車だと池袋から西武池袋線で特急で78分です。座席は新幹線みたいな感じで全席指定席でゆったり座れて、ビールにおつまみでもあればあっという間に着いてしまいます。
 
乗車券とは別に特急券が必要で、池袋からだと700円です。
 
GWやシルバーウィークや年末などは事前に予約しないと満席になることもあるのでご注意下さい。
 
 
秩父へ来たら「西武秩父駅前 祭の湯」にぜひ寄ってみてはいかがでしょうか。
 
 
【こちらの記事もおすすめ】
 
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA