秩父夜祭の花火の穴場スポット、ベスト3!!

秩父夜祭りは毎年12月2日、3日に埼玉県の秩父市で行われます。日本三大曳山まつりひとつに数えられ、毎年20万人もの人出で賑わいます。
 
祭りの主役は重さ20トンにもなる6台の山車ですが、もうひとつの目玉が花火大会です。冬の打ち上げ花火は意外と珍しいですよね。
 
しかもおまけのような花火ではなく、毎年花火メインでも十分満足できるような内容となっています。
 
実は秩父夜祭りの花火は羊山公園という小高い丘から打ち上げられるものの、すぐ周りは住宅地が広がっており、河原や湖などの開けた場所と違ってけっこう家の屋根や木が邪魔で花火が見えづらい所が多いんです。せっかくの花火も建物と被ってたり、人が多すぎてゆっくり見られなかったりしたらもったいないですよね。
 
そこで今回は秩父出身のこの私が、オススメの花火スポットを特別に教えちゃいます。
 
ちゃんと花火を見やすいポイントを押さえておけば、場所探しで無駄な体力を使うこともなく花火もきれいに見えて満足度100%間違いなしです。
 
スポンサーリンク
下部広告

【第3位: 国道140号沿い】

こちらは公式パンフレット等でもオススメしている花火鑑賞ポイントではありますが、今回ご紹介するのはパンフレットで紹介している場所から数百メートルズレた地点です。
 
こちらは祭りの会場から少しそれており、出店もなくひらけていて薄暗いため、人混みも少なくて花火を見るにはちょうど良くて穴場スポットなのです。道路脇の路側帯に座ってみることもできますよ。
 
またお旅所にも近いので、花火が終わった後に22時半頃になればお旅所が開放されて山車を間近で見ることができるのもおすすめです。
 
秩父夜祭_花火_140号
 
 

【第2位:ウニクス秩父店の駐車場】

2010年頃だったでしょうか?
ウニクスができてから秩父夜祭りの際には花火の穴場スポットとして広まってきました。1番の良いところは常設のトイレがあることでしょう。祭り当日は至る所に仮設トイレがありますが、やはりできればきれいなトイレが使いたいですよね。ただし女子トイレはそれなりに並ぶ必要がありそうです。
 
また、この付近は周りがひらけているのでとても見やすくて観覧場所としては最適です。悪い点を挙げるとすれば、お店の明かりなどで少し明るいことくらいでしょう。
 
秩父夜祭_花火_ウニクス
 

【第1位:サンクス秩父上野町店】

私の1番のオススメスポットはここです!!
 
先ほどのウニクスからまっすぐと打ち上げ場所の方へと進んでいくとサンクスがあります。このサンクス近辺がすごいのです。
 
何がすごいかというと花火との距離がめっちゃ近いんです。目で楽しめるだけでなく、打ち上げ場所と距離が近いので音が耳からだけでなく、空気が震えるのを肌で感じることができます。身体にビリビリと響く感覚を味わえますよ。
 
至近距離で夜空いっぱいに花火のカーテンが広がる光景は圧巻で、吸い込まれるような感覚になり、大げさではなく感動すら覚えます。こんな体験はなかなかできないのでオススメですよ。
 
悪い点は近すぎて花火を見上げることになるので、首が疲れることです。ただそれでも見る価値があります。
 
秩父夜祭_花火_サンクス上野
  
今年の2016年は大祭の3日がちょうどよく休日の土曜日になったので、ぜひ秩父まで脚を運んで実際に肌で体感してみてください。秩父の夜はとても冷え込みますのでしっかり厚着をしてお越し下さい。花火の穴場スポットとおすすめ観覧場所でした。
 
 
【こちらの記事もオススメ】
 
 
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA