秩父夜祭2016の花火の穴場や山車の観覧ポイントは?

スポンサーリンク
下部広告

【秩父夜祭とは】

毎年曜日は関係なく、12月2日と3日に秩父夜祭は開催されます。2016年の今年はちょうど3日が土曜日ということで多くの観光客で賑わうことが予想されます。
 
秩父夜祭は京都の祇園祭、飛騨の高山祭とならび日本三大曳山祭りの一つです。
 
祭りの当日には10トンから20トンにもなる全部で6台もの山車が街中を曳き廻されます。これらの山車はそれぞれ少しずつ特徴があり、どれも見事な装飾で見る物を圧倒します。
 
12月2日は宵宮と呼ばれており、山車の曳き回しや花火を打ち上げられますが、出店もほとんど出ていません。
 
12月3日が本祭と呼ばれ、いわゆる祭り本番です。
朝から山車は動き始めて午前中から多くの人で賑わい、毎年約18万人もの人出になります。花火も3日が本番となります。
 

【日が暮れてからが本番】

秩父夜祭と言われている通り、この祭りは夜が本番です。
 
夜は山車に提灯が取り付けられ、昼とは違った幻想的な姿を見ることができます。準備が整うと秩父神社に集まった山車が次々と御旅所へ向けて順に市内を進みます。
 
秩父屋台囃子の勇ましい音と、山車が動く度に木のきしむ音、それと祭りを盛り上げる引き手の掛け声が相まって、祭りはどんどんと盛り上がりを増していきます。間近でみるとその迫力に圧倒されますよ。
 
そして、御旅所の目の前にある急勾配の団子坂を一気に引き上げる所で祭りは最高潮を迎えます。
 
バックの夜空には7000発もの冬の打ち上げ花火が華を添えます。毎年花火大会が同時に催されており、こちらも祭りの目玉のひとつとなっています。 

【山車のおすすめ観覧ポイント】

毎年ものすごい人だかりなので山車を見やすい場所は限られています。有料席を購入していれば特等席で見られますが、当日では購入できないし、費用は抑えたいですよね。
 
しかし山車が通る道は夜になると通行規制が掛かり身動きが取りづらくなり、普通に移動することも困難になります。
 
つまり、下手をすると山車をちゃんと見ることができずに終わってしまうこともあり得るのです。
 
でも安心してください。
 
そうならないためにおすすめの山車の観覧ポイントをご紹介します。公式パンフでも紹介されているだけあり山車を見やすいです。
 
 
スクリーンショット 2015-09-13 9.26.25
 
上図では2つの屋台観覧ポイントがありますが、特におすすめは「聖人通り」のほうです。こちらの通りでは花火も一緒に見れるのでおすすめのスポットなのです。 
 
しかし、注意が必要なのが歩行者通行規制と混雑についてです。
 
上記のおすすめ観覧ポイントまでの最善ルートを知らないと辿り着くのに非常に時間掛かってしまい、辿り着けない可能性もあります。
 
でも安心してください。(2回目)
 
この秩父出身の裏道を知り尽くした私がお教えしましょう。詳しくは下図をご覧ください。
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-12-54-55
 
青色の山車が通る道は歩行者も通行規制されており、反対側に渡ることもできません。それを踏まえた上で移動する必要があります。秩父は東京よりも寒いので厚着をしてきたほうがよいですよ。
 
ちなみにクライマックスの団子坂の引き上げは、基本的に有料席を購入しないと見ることは難しいのですが、実は無料で見る方法もあるんです。無料で団子坂引き上げを見たい方はこちらをチェック
 

【花火のおすすめ穴場スポット】

秩父夜祭は山車だけでなく、冬では珍しい花火大会も同時に開催されます。提灯の明かりで幻想的に照らされた山車と、バックの夜空に広がる花火の共演は見ものですよ。
 
秩父夜祭の花火は小高い丘の上で打ち上げられますが、周りは住宅街のため家や木など視界を遮るものも多いです。しっかりと花火を観たい方はこちらの記事をご覧ください。おすすめ穴場スポットを紹介しています。
 
 
 
【こちらの記事もオススメ】
 
 
スポンサーリンク
下部広告
スポンサーリンク
下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA